HOME(かな's Digital photo)

TOP > スポンサー広告俳句 - 堰越えて春へ春へと流れ行く

スポンサーサイト
-- -- --
-- --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
堰越えて春へ春へと流れ行く
2017 03 14
Tue 22:19:49
せきこえて はるへはるへと ながれゆく

体の調子が良くない時 錦帯橋を渡るのがしんどい
しばらく歩いていたら 不思議と楽になる
山越えならぬ錦帯橋越えも いずれ難しくなるのだろう

12歳年上の彼女は 毎日7000歩 歩くと言う
歩くことで 若い人の後ろについていける
歩かないと 直ぐに歩くのが難しくなる  と


春の香りが頬を撫でる
あの空の彼方まで 歩いて行こう
 春へ春へと 
いつまでも いつまでも


20173IMG_1142.jpg




関連記事
俳句  Trackback -  Comment 0  edit.   ↑Top Page.

■ Re comments.

Comment form.

  管理者にだけ表示を許可する 
03月| 2017/04 | 05月
sun mon tue wed thu fri sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
にほんブログ村 シニア日記ブログへ にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村