HOME(かな's Digital photo)

TOP > スポンサー広告俳句 - 姉逝きて障子に映る糸芒

スポンサーサイト
-- -- --
-- --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
姉逝きて障子に映る糸芒
2015 12 30
Wed 23:30:36
       あねゆきて しょうじにうつる いとすすき

糸芒が揺れているころ、姉はあちらの岸にいってしまいました。

その姉の誕生日は、明日の大晦日です。
私より一回りも上の姉ですから、生まれて次の日が3歳だったわけです。
当時は数え年でしたから。


その姉が逝って、7人兄姉の中で、息をしていますのんは、7歳上の姉と私だけになりました。
高齢者になるってことは、こういう事なんだと思うことが、他にも沢山あります。
ではありますが、
まあまあ、ボケもせず(アヤシイ)、元気に年を越せそうなことを有難く思っております。



皆様、
本年も、色々とお世話様になり有難うございました。
                良いお年をお迎えくださいませ。       かな



      
関連記事
俳句  Trackback -  Comment -  edit.   ↑Top Page.
10月| 2017/11 | 12月
sun mon tue wed thu fri sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
にほんブログ村 シニア日記ブログへ にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村