HOME(かな's Digital photo)
宇野千代生家で紅葉茶会
2012 11 25
Sun 22:17:04
雨を心配していましたが、午前中は晴れていて、気分は最高!
今年は武者小路千家流がお当番で、少年のお運びさんが新鮮でした。

きれい!綺麗! 感嘆しながら、お薄を頂きました。
小学生の孫は京都でお運びしたらしいのですが、ところ変わってのお茶席
小躍りして喜こんでいるように見えました。

午後一時頃には大雨が降って、お部屋でのお茶会になったらしいです。

千代茶会お運び少年颯爽と 何をか言わん紅葉小道よ 

smizuIMG_5388_convert_20121125180016.jpg

紅葉風茶席の会話弾みけり
tiyojpg.jpg

hoseiIMG_5394.jpg

IMG_5380_convert_201211261855.jpg


お茶会  Trackback -  Comment -  edit.   ↑Top Page.
吉香公園の紅葉と黄葉
2012 11 18
Sun 23:56:15
散歩

P1350574_convert_20121119210206.jpg
 吉香神社前
3P1350578_convert_20121117231413.jpg
駈け廻る銀杏黄葉と子らの息 かけまわる いりょうもみじと こらのいき 

風に舞う銀杏追う子の傍らでキャッチの度に拍手する母
かぜにまういちょう おうこのかたわらでキャッチのたびに はくしゅするはは


 
33P1350566_convert_20121117231309.jpg 11P1350546_convert_20121117224246.jpg

モミジの向こうの銀杏の大木を見ていましたら、神々しいお陽様が急にお顔を!
ここを通る度に撮りたいなと思いながら今日になりました。

吉香茶室の門前のモミジと銀杏、茶室門前から写した逆光の写真左。
上の車道から写したのが右


日の差して天道拝む(おろがむ)銀杏黄葉 
ひのさして てんどうおろがむ いちょうもみじ     


aP1350582_convert_20121119171831.jpg
 椋の木の黄葉 吉香神社横 


俳句  Trackback -  Comment -  edit.   ↑Top Page.
錦帯橋の紅葉 
2012 11 17
Sat 19:38:19
錦帯橋は日により、時により、色々な姿を見せてくれます。
散歩しながら、撮った写真です。

霧を上手く写せなくて残念です。
2P1350554_convert_20121117224902.jpg

雨上がり霧のかそけき城山にかかりし雲の流れ見つめて
あめあがり きりのかそけきしろやまに かかりしくものながれみつめて 

日の差して桜紅葉の錦帯橋ひのさして さくらもみじの きんたいきょう
sDSC02525_convert_20121119164610.jpg



真っ赤っか深呼吸して紅葉中 まっかっか しんこきゅうして もみじちゅう

錦帯橋を渡ってすぐの吉香公園の紅葉です。  皆さんが息を飲んで「きれ~い!」と。
111sP1350595_convert_2012111722.jpg
安芸の宮島の紅葉
2012 11 14
Wed 19:01:11
大鳥居秋空見上げふんばれり
1DSC02497_convert_20121114162432.jpg 1DSC02498_convert_20121114162627.jpg 1P1350169_convert_20121114162707.jpg


厳島寄り添う鹿の背に紅葉→やや動きをつけて→厳島寄り添う鹿に降る紅葉

____________神送り赤き回廊渡る風
2DSC02514_convert_20121114162743.jpg 2P1350110_convert_20121114162829.jpg 2P1350152_convert_20121114162934.jpg
七五三幸多かれと祈る祖母 我が身と重ね熱くなりけり
神渡浮世の人のかしましき 

     
3DSC02490_convert_20121114163009.jpg 3DSC02499_convert_20121114163126.jpg 3DSC02507_convert_20121114163224.jpg


紅葉の木漏れ日が神秘的です。
4P1350123_convert_20121114163800.jpg 5P1350103_convert_20121114163848.jpg 4P1350120_convert_20121114163502.jpg

7P1350118_convert_20121114164515.jpg 6P1350112_convert_20121114164242.jpg 7DSC02482_convert_20121114164440.jpg 


歩幅が小さいですね。反省。だから、7000歩だったんですね
s5P1350139.jpg 5P1350164_convert_20121114164201.jpg 4DSC02478_convert_20121114163329.jpg
背景の紅葉映えたる硝子戸に 今年の土産とわれ写したり


6P1350125_convert_20121114164404.jpg 6P1350115_convert_20121114164316.jpg 7P1350142_convert_20121114164554.jpg


可愛い坊やが穴から顔をだして嬉しそうに笑っていました
8DSC02457_convert_20121114164628.jpg 8P1350182_convert_20121114164712.jpg
お昼は牡蠣フライ、焼きガキ、竹輪にビール。紅葉饅頭でお茶もしました。
運転手!(^^)!さんはノンアルコールでしたので、ちょっと気の毒でした。



紅葉谷と吉香公園
2012 11 10
Sat 10:07:02
abc2DSC02423_convert_20121109214349.jpg

a4DSC02428_convert_20121109214750.jpg a3P1350045_convert_20121109214641.jpg
お城山から下りてくる知人に出会い「紅葉もう少しだね。」と言うと
「いや~。今日が一番きれいよ。あの赤を見て~!グラデーションもいいでしょ。」
と、まるで我が庭のように言う彼女は毎日お城山に登っていて、その移りゆく様を
見ていてるらしく「あなたも登りなさいよ。」と。

と、今度はコーラスの友が幼馴染だと言う三人で歩いていました。
艶やかに紅葉に映える若き友


水彩画描く人のあり紅葉谷  洞泉寺の掃除小僧さん、今日もお掃除してました
a1DSC02424_convert_20121109213818.jpg a4DSC02434_convert_20121109214832.jpg
a5P1350038_convert_20121109215104.jpg a8DSC02442_convert_20121109215345.jpg
左、手前のモミジを透かして見える向こうの紅葉が綺麗 右、植えて何年もたたないのに、
もうこんな紅葉をみせてくれました。溜息のでるよな若い櫂の木(カイノキ)です。
櫂の木(カイノキ)の紅葉称えるレンズかな

左は、噴水公園の欅です。ここで、欅大樹を見上げている、もう一人のコーラスの友に出会いました。
これは珍しい紅葉だと感激していましたのに、枯れてるみたいと私が言いますと、
笑って後方の黄色がかった欅を指さし、例年だと、あんな黄葉だと教えてくれました。
彼女は上手い俳句を詠む何でも博士です。右は花見月の紅葉
a6DSC02437_convert_20121109215143.jpg a7DSC02439_convert_20121109215216.jpg


吉香神社近くのモミジバフウ(紅葉葉楓)  天仰ぐ鴨脚樹大樹の黄葉(もみじ)かなa10P1350078_convert_20121109215548.jpg a9DSC02440_convert_20121109215511.jpg
俳句  Trackback -  Comment -  edit.   ↑Top Page.
DSC02373_convert_20121104165451.jpg DSC02383_convert_20121104165611.jpg mikuraDSC02379_convert_20121104181216.jpg
DSC02381_convert_20121104164607.jpg DSC02404_convert_20121104171150.jpg DSC02407_convert_20121104171552.jpg
DSC02390_convert_20121104171848.jpg DSC02388_convert_20121104173238.jpg DSC02396_convert_20121104173409.jpg
DSC02389_convert_20121104195934.jpg DSC02394_convert_20121104173926.jpg sDSC02393_convert_20121104174641.jpg sDSC02397_convert_20121104172300.jpg DSC02419_convert_20121104172118.jpg jyaguiDSC02403_convert_20121104172005.jpg

中学の同級生40数名と今年も蛇喰磐に行ってきました。
途中、三倉岳の麓で紅葉を楽しみ、 「蛇喰」へと。                            

〇猪(しし)を焼く煙ただよう蛇喰磐 (じゃぐいいわ) 

牛肉に負けない美味しい猪肉、旨みたっぷりの牛肉、それに海鮮類(牡蠣、蟹、魚)、
野菜類、こんなによう入るもんだと言いながら、その旨さを堪能、生ビールも、おいしかった~!

〇白き花川辺にそっと佇みぬ
        そは鵯花(ヒヨドリバナ)と友は言いけり       

フジバカマに似ている白い花、H君によると「花博士のDr.H君なら知っちょる。」と。
聞くと、ヒヨドリ花だと教えてくれました。

〇一本を別け合う友は同級生
        焼き松茸の香りは豊               

同級生の一人が、「蛇喰」のオーナーなんです。今年は雨が降らないので、松茸が少なかったんですが、
WちゃんとMちゃんが、お土産にと松茸ご飯をパックに入れてくれました。ただし、女性だけね。

それから、焼き松茸は、千切って少しずつ別け合って食べ、その香りと味は私達の心を豊かにしてくれました。

最後のビンゴゲームの賞品に立派な松茸が二本あり、当たったお二人さんの嬉しそうな顔
私はお饅頭でした。
写真のWちゃんのお世話があるからこそ、会計のSちゃん、社長!
社長が取ってくれた松茸も、釣ってくれた鯛も上等でしたよ。
そして、みんなみんなのお世話があるからこそのこの会です。皆さん、有難う!

毎年楽しませてもらっていますが、去年「来年また会おうね。」と、言った友が帰らぬ人となりました。
早いか遅いかの違いはあるけれど、必ずあること・・・。さびしいです。
ご冥福をお祈りいたします。
10月| 2012/11 | 12月
sun mon tue wed thu fri sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
にほんブログ村 シニア日記ブログへ にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村