HOME(かな's Digital photo)
今年は東日本大震災があり、地震、津波、原子力について考えさせられる年でした。
被災地にボランティアに行かせていただいた身内の話を聞き、身につまされる思いがしました。
問題は山積みですが、良い方向に向いてくれることを切に願っています。

わたくしごとでも、
二人とも70代になりまして、喪中の葉書が去年よりも多い事などから、我が身に置き換え、いらぬことを考えたりも致します。
が、後10年、いいえ、あと20年(欲張)元気で明るき生きて行こうと話しています。
日記  Trackback -  Comment -  edit.   ↑Top Page.
岩国の丸亀うどん
2011 12 22
Thu 14:36:13
爺さんと思ってない爺さんとばあさんと思ってない婆さん
今日も出かけた。
用事を済ませて、お昼は軽くと丸亀うどんに行った。
じいさんは、ぶっかけうどんに竹輪てんだけ、 ばあさんは牛蒡入り肉うどんと昆布おにぎりのセット・・・
ぬぬぬ、玉ネギと人参のかき揚げの大~きいのも付いていた。

こりゃ、とても食べられへん。まだ入りそうな顔をしている爺さんと思ってない人に「ねえ、これたべる?」って聞いた。

爺さんと思ってないじいさんは「うん。たべよう!」と元気がいい。
あはは。結局、爺さんと思ってないあの人と、婆さんと思ってない私は
完食して、気分良く家路にと急いだ。
おうどんだけでは栄養が足りないが、たまには良いとしよう。



爺さんと思ってない爺さんは、手術して来年の春には満三年を迎える。
元気になってくれたけど、前のように沢山食べない。
婆さんと思ってない婆さんの私は、爺さんが元気なので、元気でいられる。
コーラス①の今年最後の練習
2011 12 19
Mon 12:02:06
コーラス①の今年最後の練習日は12月13日でした。

「勿忘草をあなたに」
「金比羅ふねふね」

上の二曲の練習でしたが、
金比羅ふねふねは100メートルを力走した後のように疲れます。
でも不思議と快感なんです。これがコーラスの醍醐味でしょうね。


「思い出の画像掲示板」を作りました。このブログにもアップしたことのある写真です。
新しい写真ではなくて、以前に撮ったもので思い出のものがありましたら、投稿よろしくお願い致します。

「思い出の画像掲示板」
今年最後のコーラス②の練習日 今月の練習日は今日のみ。
コーラス①は先週の火曜日が最後だったので、コーラスはこれでお終いです。

「海」を通した後、
「 いでそよ人を」 「ぶどう摘み」の練習

いでそよ人を♪「ありま山 ゐなの笹原 風吹けば いでそよ人を 忘れやはする」 

百人一首にある、紫式部の娘大弐三位のこの歌から

「いでそよひとを」 作曲:新実 徳英編曲者:作詞:谷川 雁

いでそよ人よ
1、笹原には 声がないと 
  見わたすとき ひるがえる白
  こころの裏 風すきとおり
  谷をうめて ゆれる文字は
  いでそよ人を 忘れやはする

2、あて名なしの うすい手紙
  おいてきたか 封もしないで
  夜がくれば  ながれぼし詠む
  露にとけた  墨の文字は
  いでそよ人を 忘れやはする♪


歌う時、ただ音符を追うだけでなく、この詞の意味を理解しながら歌うよう
言われましたが、ここに改めて詞を書いてみて成程と思いました。
なかなか感情移入は難しいです。
fune28.jpg歳のせいかしらん。
吉川公園
2011 12 13
Tue 21:16:11
法事で来た娘と公園を散策
他は一泊で帰ったけれど、娘と末孫が残った。
明日は帰るのだから、今日が大切。

3人の子供を育てた娘には、何時も感心しています。

DSC00511.jpg


DSC014712.jpg
メタセコイヤの銅色の紅葉も終わった。
この木の名前を忘れた時は、大阪弁の「メチャせこいや」を思い出すといいですよ。
fune28.jpg 私、フネです。

DSC00784.jpg

DSC01448.jpg sDSC01457.jpg季節ランチ美味しかったね~。

DSC01444.jpg
DSC01447.jpg
何時も沢山寄ってくる野良ちゃんがいない。やっとこの1匹と茶色と白が・・・後はどうしたんだろう?

竜馬のふるさと高知土佐 竜馬出会い博
去年2010年第九(歓喜の歌)の次の日 12月6日の一泊旅行

去年の日記がぼそぼそ独り言にありました。 
月曜日、
瀬戸大橋を渡って、足摺温泉に行き、
きょうは、桂浜で竜馬を偲び、砂浜の小石を拾って帰った。

竜馬の銅像の前のベンチに座っていたら、
背の高い青年に「どちらからですか?」と聞かれ、
山口と答えると
「長州ですね。長州からの観光客が多いです。私は地元の土佐ですが、
土佐藩の者はあんまりきません。」
と。
なんだか、時代が幕末にかえったような(^^)
その話し方は新鮮で好感がもてました。

疲れたけれど、天気も良いし、思い出の一泊旅行となりました。


D6.jpg _________ D7.jpg

D0.jpgD1.jpg

龍馬の銅像の前で
D2.jpg 02.jpg

龍馬大好きさんが桂浜で綺麗な石を拾っています。
D3.jpg DSC00740.jpg
旅行  Trackback -  Comment -  edit.   ↑Top Page.
 「歓喜の第九」の演奏会が12月4日にありました。

岩国市出身の佐々川広子さんのソプラノは、やっぱり、素晴らしかったです。


指揮:広上淳一
   ソプラノ:佐々川広子 メゾソプラノ:金子美香
   テノール:藤田卓也  バリトン   :河野克典

   管弦楽:広島交響楽団
   合唱 : シンフォニア・フロイデ


大合唱 練習ありて この時を
    歓喜の歌や 高らかならん


幾重にも その歓びの 波紋あり
        音符を胸に 高鳴る鼓動



アンコール曲 バッハ「主よ人の望みの喜びよ」
で、感激の涙が・・・。
一流の指揮者、ソリスト、管弦楽あってのことです。

今年で第九は3回目
初回の時に比べると楽に歌えるようになりました。

興奮さめやらずのみんなの顔が妙に美しかったのが忘れられません。
来年の第九にも是非参加したいです。


detail_.jpg
11月| 2011/12 | 01月
sun mon tue wed thu fri sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
にほんブログ村 シニア日記ブログへ にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村