HOME(かな's Digital photo)
スポンサーサイト
-- -- --
-- --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
秋ジャガを植える為の畝作りをする時、トマト、ネギを抜いた。
土地が広ければまだ生っている野菜を抜くこともないのに・・・

秋ジャガに関しては切ると切り口から腐ったりすることが有るそうなので、初挑戦だしと、小さな種イモを切らずにそのまんま植えた。

2列の3.65メートルくらいの畝に、種イモを19個

霜の降りる前ぐらいには収穫できるらしい。果たして、どのくらいの収穫があるのだろうか?
初めての挑戦だし、楽しみなことです。

ネギは、青いところを切って下の根っこのほうはネギ苗にするため、干しておいた。
今日そのネギを植えた。

人参、大根、CR耐病かぶ ニンニク(無臭) インゲン 
1センチくらいの小さな玉ネギを20個買った。これが11月位には収穫できるんだって。

こんなに買ってどこへ植えると言うのんか。
明日は如何にして、人参の種を蒔こうか、 インゲンの種を蒔こうか、
畑をを広げるしかない。どうやって広げるか・・・それが問題だ!と言うより不可能なり。
kiakijyagaP1270763.jpg
スポンサーサイト
子供達の帰ってくるお盆
2009 08 15
Sat 22:22:48
息子と娘の5人の孫が仲良く遊んだり食事したりする風景で、
昔のことを思い出した。

6人の兄姉のそれぞれの 家族が一堂に会し賑やかだった。
それには到底及ばないが、同じようなことが我が家でも繰り返されている。
しかし、私はもうへとへとである。

兄姉が実家である私の家に帰ってきていた頃、歳の離れた末っ子の私は、甥や姪達が来るのが嬉しくてたまらなかった。
しかし、大きくなるにつれて、同居していた跡取りの嫁さんの大変さも分かってきて、長居をする実の姉に、もう帰ったほうが良いんじゃない・・・なんて憎まれ口をたたいたことがある。

私は上と20才以上も歳の差があるので、兄や姉達からは「若いからええね。」と言われる。何時まで経っても歳の差は縮まらないから、無理はない。
錦川水の祭典
2009 08 02
Sun 21:58:59
昨夜は二人だけの花火大会だった。
来客が沢山あれば忙しくてしんどいが、二人だけだと気が抜けたようで淋しい。
孫達が大勢で来ると忙しいが、あれはあれで良かったんだなと改めて思う。
お盆には会えるから待っててねとの電話に期待しよう。

出かけると、それなりに楽しくて面白かった。
うちの四角の後輩のオモロイおっちゃんにも出会った。私が花火を動画で写してるのを見て、
「こりゃー私の内臓のように訳が分からん。」と、言った

この方、6年前に肝臓癌になり、入退院を繰り返している。
再発の癌は1センチぐらいで見つかるので、痛くも痒くもないと言い、
つい最近は50日入院して看護師さんにいじめられた・・・いじめるんじゃけー。
あはは!と笑った。

そりゃあ、いじめられる理由があるんでしょうと私が言うと、
病室にいると病気になりそうなので(*^_^*)海岸のほうに遊びに行くんって・・・
病気で入院してるのに病気になりそうだなんてと思ったら、
同じ病室の人が最後を迎えるべく去っていくのを 見るに忍びないんだと、いつもと違う真剣な顔になった。
岩国観光協会.com


07月| 2009/08 | 09月
sun mon tue wed thu fri sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
にほんブログ村 シニア日記ブログへ にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村