HOME(かな's Digital photo)
今月あった演奏会
2008 10 22
Wed 00:23:02
10月9日
岩国混声合唱団の第35回定期演奏会

「春立つと」
横笛と合唱・・・横笛の響きが合唱と溶け込んだのは指揮者の腕か・・。

「追分節考」
曲全体はコラージュふうに構成されていて、
尺八と合唱、面白い組み合わせを楽しむことが出来ました。

「花にもの思ふ」藤家溪子
”はかなくて 過ぎにしかたを 数ふれば 花にもの思ふ 春ぞ経にける” 
神社で演奏をきいたことのある箏と合唱。これも新しいこころみ、成功でしたね。素晴らしかったです。

「流離譚」
この曲は、指揮者の村上先生が
作曲家の若林千春さんに依頼して、演奏会の1ヶ月前に出来上がった曲とか・・。
短期間であんなにも酔わせてくれる合唱に仕上げたのは、指揮者は元より、団員一人ひとりのハイレベルな歌唱力によるものとしか思えない。そんな合唱でした。
凄かったです。拍手!


10月12日

山口仏教音楽連盟岩国組のコーラスグループ、 
創立10周年記念演奏会への招待状を頂いたので行ってきました。

仏教讃歌は縁がないと思っていましたが、子供の頃お寺で聞いたことのある懐かしい歌が殆どでした。
全員合唱の「恩徳讃」も、お寺の日曜学校で歌ったことがあった歌です。

2部では
ゲストの「マリンバカルテット」の演奏
オペラからポピュラーまで多様なジャンルの曲を演奏。
マリンバ、ピアノ、ソプラノ、テノールの各人が其々聞かせてくれて
思わぬ感激を貰いました。

3部の
金子みすゞの歌もこの団員の皆さんが歌うからこそのものでした。

全体を通じて、
何時も聞いているコーラスと、どこか違って、御仏に守られているとでも言うか、そんな安らかな穏やかな雰囲気の演奏会でした。
歌そのもののコーラスとしては、これから精進なさって上達なさることを楽しみにしております。



10月19日
県母のコーラスフェスティバル  スターピア下松  大ホール
朝10時過ぎに集合して貸切バスで下松へ


「見上げてごらん夜の星を」「おてもやん」黒ロングドレス 絣の上掛け ダイヤのイヤリング 黒靴
思いっきり歌えて、講評も最高で、今もフェスティバルの余韻が残っています。


10月21日老人ホームの慰問  
ピンクのレースつきドレスに すみれの花のコサージュを付けて歌いました。
歌は前々日に歌った曲「見上げてごらん夜の星を」と「おてもやん」に加えて「小さな竹の橋」
小さな竹の橋ではフラダンスも入れ、楽しみながら歌わせて頂きました。

次はフラダンス、
ドレスはブルー系、美人三人グループの踊りには心が和みました。


安木節
芸達者な我が団員のお二人の「どじょうすくい」 其の衣装やお化粧も然ることながら、
演技が上手いので、みんなで笑い転げました。

そして、私達の指揮者である先生の歌!
「荒城の月」「おお シャンゼリゼ」荒城の月では涙を流される方々が・・・。そして、「おお シャンゼリゼ」でパリのシャンゼリゼまで~ 


最後に、ホームの皆さんと下記7曲を一緒に歌ってお別れしました。
どんぐりころころ、カチューシャの歌、汽車、お富さん、浜千鳥、星影のワルツ、ふるさと

皆さんに喜んで頂いて、私達は感謝しながらの帰り道、
二十数人とお茶に・・
コーヒーセット、あんみつ、ソフトクリーム・・・好きなものを注文して、
楽しい話や直ぐ其処にある老後についての話等々
考えさせられることが多い一日でした。
09月| 2008/10 | 11月
sun mon tue wed thu fri sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
にほんブログ村 シニア日記ブログへ にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村