HOME(かな's Digital photo)
スポンサーサイト
-- -- --
-- --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
皆さま、今年中は大変お世話さまになりました。よいお年をお迎え下さいませ。
来年もよろしくお願い申し上げます。

アオサギ師 (この名前誰がつけたんだっけ?そう、徘徊さんでしたわ)になろうと頑張っておりますが・・・・
教えてくださる方がいらしゃいまして勘違いだと分かりました。

カワウが翼を広げるのは、翼を乾かすときによくやります。威嚇だと、さらに口を開けて、声を出しますので、写真のものは威嚇ではないかもしれません。

私、小1時間位ここで遊んでいましたが、そう言えば大騒ぎして喧嘩している様子でもありませんでした。
ただ、写真①のように険しい顔になったこともありました。
その後、写真②のように川に入って戻ってきたので、
アオ鷺を脅しても逃げないので、鵜が癇癪をおこして飛び込んだと勝手思い込んだのです
最後の③を大きくしてみますと明らかに威嚇ではなくて自慢しているかのように羽を乾かしているようですね。
これから考えますと小競り合いはあったものの、まあまあ平和だったのですね。アオ詐欺師とも名乗っておりますのでお許し下さいませ。
aosagi_kawau.jpg

スポンサーサイト
大きくしてみるとアオサギもカワウに負けず険しい顔をしている。

aosagiP1100560.jpg


_____kawauP1100571.jpg



あっちのカワ鵜は知らんのだろうが、こっちは流れが早く鮎もたくさんいるんだ。なあ、ハクセキレイさんよ!

9_P1100590.jpg

そうだね。ここからも泳いでいる鮎が見えるよ。
8_P1100584.jpg



11_P1100607.jpg

この錦川に住みついていて平和にくらしている。
人間社会の岩国基地問題とやらも鳥類の私が口出しすることではないが、その行く末を見守って行きたい・・
なんて、言ってない、言ってない。
何気なく川を見下ろすと何やら小競り合いが・・・
新参者(川鵜)が我が物顔に青サギを追い出そうと羽を広げて威嚇していた。
jinti_arasoiP1100560.jpg


青サギ師の私としては鷺にエールを送ったがサギ自身は川鵜なんか問題にしていない様子だった。
2_P1100562.jpg


コサギが「なんやなんや喧嘩か・・!」
と飛び立った。
3husagiP1100570.jpg


あはは。川鵜が文句言ってる。
44sjinti_arasoiP1100571.jpg



「戦争は嫌いだ!」と青サギは言った。偉いなあ。
5_P1100573.jpg


ああ、飛んで行った。これで私等ゆっくり休めるね。
6_P1100576.jpg


錦帯橋は工事中。
風が無いと川面は静かでメガネ橋となる。
7_kinP1100587.jpg

             続く

↓Open.

長門湯本温泉で忘年会
2006 12 14
Thu 12:52:49
12月7日
あいにくの雨、唐戸市場で食事。夕食がご馳走なので軽くと言われて
おっちゃんはフグ天丼、私はマグロ丼にした。美味しかった。
1_karatoP1100430.jpg 2_P1100445.jpg

城下町・長府を歩く。由緒ある神社仏閣に、毛利家の権勢をいまに伝える旧跡、
維新の志士たちの足跡。風情ある土塀の小路を歩き当時をしのんだ。
5_P1100453.jpg  3_P1100450.jpg4_P1100451.jpg
雨の功山寺山門           その山門で雨宿り


                 
長府毛利邸 表門      明治天皇ご宿泊の間
6_P1100457.jpg 7_P1100473.jpg 14sessyuIMG_5612.jpg


長府毛利邸書院庭園を写す人
8_P1100468.jpg  8s_IMG_5616.jpg 8s_IMG_5618.jpg


明治14年創業の歴史ある近代的和風旅館大谷山荘
9ootanisansouIMG_5644.jpg
湯本の天然温泉には三度きたが
大谷山荘宿泊は初めて
温泉、食事、サービスとも合格。
夜の宴会は飲み放題だったがオッちゃんは中ビン二本、私はウーロン茶、
ではあるけれど、カラオケを素面で1曲歌ってしまった
朝食はバイキング、これが今迄の朝食バイキングとは比べ物にならない上等な味だった。
お昼のバイキングが美味しいそうだから、次は他へ泊まってランチバイキングに行こう。
添乗員さんが綺麗。 10s_IMG_5660.jpg 16IMG_5656.jpg

room_wa1.jpg 16IMG_5645.jpg



自然が生んだ高さ30メートルの大断崖の芸術美も雨でおじゃんとなりました。
12s_IMG_5666.jpg 11s_IMG_5664.jpg s_IMG_5665.jpg



医光寺 臨済宗東福寺派
13s_IMG_5700.jpg 16s_IMG_5697.jpg
本尊は薬師如来像。
裏山を利用した池泉鑑賞半回遊式庭園。雪舟が文明10年頃(1478)来山して鶴亀を主体としたもの。
16ikouji_Img_5701.jpg 15s_IMG_5692.jpg


このあと蒲鉾やさんに寄って工場見学、お土産を買い早い昼食。
朝のバイキングが未だしっかりお腹にあるのでここでは残す人が多かった。
雨は降ったが楽しい温泉旅行だった。又行きたいな。

温泉  Trackback -  Comment 10  edit.   ↑Top Page.
紅葉谷
2006 12 02
Sat 17:59:25
掃除小僧さんの帽子とポシェットが新しくなっていた。前のイチョウ木の葉っぱをもってるのね。見えるかな。
souji_kozou1100405.jpg


     kaidan_otiba1100415.jpg


momijidani1100406.jpg



momijidani_1100409.jpg


momiji100421_1.jpg


のらちゃんは大あくび~nora1100424.jpg

nora1100423.jpg


山茶花の白が綺麗sazanka1100428.jpg


11月| 2006/12 | 01月
sun mon tue wed thu fri sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
にほんブログ村 シニア日記ブログへ にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村