HOME(かな's Digital photo)
スポンサーサイト
-- -- --
-- --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
吉香公園 から 紅葉谷 へ
2016 11 22
Tue 18:54:35
卓球の帰りに星で茶屋さんで、お汁粉を頂いて、紅葉狩りしました。
吉香公園
「錦雲閣」 (きんうんかく) は1885年 (明治18年) に旧岩国藩主吉川家の居館跡が公園として開放された際、
旧藩時代の矢倉に似せて造られた絵馬堂です。
2016DSC04641.jpg


吉川さんの吉香神社の前の、銀杏の絨毯。寝ころんでいる人がいました
2016IMG_0947.jpg


噴水横の かいの木 毎年、綺麗に紅葉します。二日おき位に見に来たのですが、
今年は、それは綺麗な紅葉を見ることは出来ませんでした。
2016DSC04672.jpg



紅葉谷の紅葉も、終わると聞いて、もみじ谷へ
2016DSC04655.jpg


岩国藩5ヶ寺の筆頭であった曹洞宗「洞泉寺」 (とうせんじ) は紅葉谷公園の一角にあります。
1450年 (宝徳2年) 、吉川経信が芸州新庄 (現、広島県山県郡北広島町) に創立した盤目山洞仙寺をルーツとし、
1603年 (慶長8年) 、当地に移設された際に「洞泉」の字を当てたと言われています。
洞泉寺さんの 掃除小僧さんは、毎日落ち葉掃除に大わらわ。

臨済宗「永興寺」 (ようこうじ) は鎌倉時代末期の1309年(延慶2年)に大内弘之が創建し、
横山一帯 (現在の岩国市横山1丁目、2丁目あたり) に壮大な敷地を有したと伝えられています。
2016DSC04669.jpg__2016DSC04656.jpg


スポンサーサイト
錦帯橋の桜
2016 04 18
Mon 07:34:22
岩国にUターンして、
錦帯橋の桜があまりにも綺麗で、涙したことが、この間のように思い出されますが、
もう、16年もたってしまったのですね。

・・・
夕方になると、人の姿がなく、錦川の流れさえ聞こえてくるように思いました。
人の話し方も歩き方もゆっくり、
食事に行くと、店員さんもおっとりとしていました。

今では、
高齢者になったことでもあり、ゆっくりが性に合っていて、心地いいです。

ところが、歳月は駆け足で容赦なく通り過ぎていきます。
一週間に一回のコーラスがあっと言う間にやってきます。
ま、それは嬉しいのですが


4月24日の日曜日にはハーモニーの集いがシンフォニア岩国であります。

コール錦 演奏曲「八木節」「砂山」

コーロいわくに 演奏曲「星めぐりのうた」「とむらいのあとは」
    
全体合唱曲  女声合唱のための唱歌メドレー 「ふるさとの四季」 
     
桜を胸に秘めて、頑張って歌ってきます。
aDSC04515n.jpg


太陽が燦々とaDSC04577.jpgお父さん、お母さん、ここを通ると懐かしさでいっぱいになります。

DSC04472a.jpg P4030483 cP4030492.jpg
eP4030442.jpg dP4030419.jpg bDSC04523.jpg
P4050622.jpg P4020342.jpg DSC04467copy.jpg
今年は、クー子と一緒にお花見が出来ました。クー子のことを思うと、心温まります。
が、高齢者でもあり、先々がちょっと心配です。




今後1週間は激しい揺れに伴う余震のおそれがあるそうですね。
くれぐれもお気を付け下さいませ。

旅立ちの時



紫陽花
2014 07 17
Thu 21:48:41
6月の葉書、有難う。    

赤いお靴に赤い傘♪ポオ~っとしていて可愛い子 あの子はあそこのウサ子ちゃん
ケロケロピヨピヨ


usakoIMG.jpg


お日様に照らされて透き通っているヒマワリさん himawari.jpg



じじさまもも出かけました。やっぱり、あじさい、綺麗だったって~

aaP6220388.jpg
吉香公園の牡丹
2014 04 30
Wed 22:17:24
「牡丹が綺麗にさいてるよ。」と言われて、主人が遅い散歩途中撮ってきたものです(24日)。
16時半になったら、猪よけの網をはりますからと言われ、あわてて撮ったげな。


インターネットエクスプローラーが危ないと聞いて、グーグルクロームに変えたので、このブログも
今迄とかってが違い、ちょっと戸惑っていましたが、変わらないですね。
ネットへのアクセスが早いのが嬉しいです。


aP8.jpg bP83.jpg


P45.jpg P49.jpg

bP14.jpg bP8.jpg

aP3.jpg aP1.jpg


 にほんブログ村  にほんブログ村
3月10日
上関町の上関城山歴史公園の早咲き河津桜を見に行ってきました。
約150本の若いピンクの河津桜と黄色いラッパ水仙1500株が満開の中で
空や海の青、その輝きに身も心も若返えったかのようでした。

桜見物のあと、「鳩子の湯」へ

桜見物と温泉は最高でしたが、帰りの車中、首が何気に気分悪くて、1時間あまりの帰途の辛かったこと!
その時考えたことは、
16日のコーラスに影響がなければ良いがだったんです。やっぱり、コーラス命なんですねえ。
約1名のうち運転手さんも気い遣いながら、後に続く車に先を譲ってはの運転でしたから疲れたことでしょう。

温泉で温めたあとの車の振動は、首にはよくないのでしょうかしら。ようわかりません。
と、色々ありましたが、あの桜と空と海は心に残り、今も時々思い出しては、綺麗だったねえと話しています。
2-1DSC02851.jpg


1P1400451.jpg

1_1P1400441.jpg 1-2kaminoseki.jpg

3-1P1400440.jpg 3-2P1400431.jpg


こんな中、尉鶲の♀が、<あちらこちらと自由に蜜を求めて飛ぶ姿は心を和ませてくれました。写真は相変わらずですが
4-2DSC02878s.jpg 4-1DSC02865.jpg

5-1kaminoseki2882.jpg 5-2DSC02880.jpg

 にほんブログ村 にほんブログ村 にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
11時くらいから、雪が降り始めた。人影も少ない錦帯橋は震え上がる程寒かったです。

雪景色を見ながら、コーラスの曲を口ずさんでみた。
昨夜も佐々川広子先生のボイスレッスンは最高だったらしい。
短時間のボイトレで個々の良さを引きだされるご指導には、たまげます私も行きたかったなあ!

P2060209.jpg

P2060207.jpg

P2060212.jpg

にほんブログ村 にほんブログ村  にほんブログ村
赤トンボ
2013 10 14
Mon 06:20:01
先日、公園で野鳥写真家のお一人にお会いしました。
「鳥がいっそうおらん。困ったものです。」と、カメラなしで歩いていらっしゃいました。
そりゃーいけませんねと私。
「蓮田には珍しい鳥がきとったです。」
って。
鳥がいっそう(ぜんぜん)おらんのではなくて、珍しい鳥を追っかけていらっしゃるんでした。

私「うちの裏に綺麗な赤トンボがきまして写しましたが、どうもええがに撮れません。」

野鳥写真家さん「はい。トンボは難しいです。」
って・・・。
そうなんだ。トンボは難しいんだと思いましたが、その後の話しで、
飛んでいるところを撮るのが難しいと言われてるのが分かりました。トホホ。

sPA030017.jpg
子供の頃「トンボと~まれ!はい(蝿)を取ってあ~げる♪」と歌い、止まったら、
人差し指を回しながら近寄り、トンボをとっていたことを思い出し、やってみましたら成功しました。

紅くて別嬪さんの赤トンボに少しお話しをして、すいすいと空に向けて放ちました。
もしかしたら、ご先祖さまだったかもです。

にほんブログ村 にほんブログ村 
錦帯橋の桜
2013 04 04
Thu 22:41:52
P4030500_convert_20130404213221.jpg
昨日の雨にも負けず頑張った桜さん、盛りは過ぎたけれど、まだまだ綺麗です。

桜とモミジ
2P4030621_convert_20130404205104.jpg 
3P4030596_convert_20130404205158.jpg 2P4030621_convert_20130404205104.jpg 1P4030592_convert_20130404204637.jpg P32804311_convert_20130331221247.jpg
P4030647_convert_20130404215619.jpg吉香公園の錦雲閣

淡墨桜は満開でしたが、枝垂桜は、儚げな様子でそよいでいました。
3P4030645_convert_20130404205954.jpg 3P4030644_convert_20130404205921.jpg 3P4030636_convert_20130404205510.jpg 3P4030632_convert_20130404205401.jpg

にほんブログ村

にほんブログ村
05月| 2017/06 | 07月
sun mon tue wed thu fri sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
にほんブログ村 シニア日記ブログへ にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村