HOME(かな's Digital photo)
スポンサーサイト
-- -- --
-- --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
渡り前の冬鳥さん
2014 04 24
Thu 13:54:10
わたりする ふゆどりおくる しじゅうから  わかれおしむやつぴーつぴーと
sijyuukara7.jpg


↓ 渡りする冬鳥おくる四十雀 片足あげて別れ惜しむや      
渡りする冬鳥おくる四十雀 歌いけるうた庭一面に   
↓  
渡りする冬鳥おくる四十雀   別れ惜しむやツピーツピーと     

推敲の前に良く考えなくてはいけませんね。結局こうなりました。

 シジュウカラ
「渡り前の冬鳥さん達は、畑の虫や野菜を食べて体力づくりに大わらわだけど、
僕は、ずう~っとここにいるので呑気、だけれど、別れは寂しいもんだなあ!」と歌っていました。



シロハラ
左は昨日撮ったもの。___________________右は3月の始めに撮りました。
P4200501c.jpg Ps3060277.jpg



ツグミ
「お馴染みの私達のこと、来年は美しく可愛らしく撮ってね。」
P3060270.jpg Pt3050264.jpg



ジョウビタキ君ももカワヒラちゃんも度々、うちにきてくれたわね。だけど、写せなかった。
これは、何年か前、このブログにアップしたものですカワヒラ、笑えますでしょ。
sdayo-jyoubiP1240138.jpg kawahiraP1180598.jpg

 にほんブログ村にほんブログ村  にほんブログ村


スポンサーサイト
暑中お見舞い申し上げます。
2013 07 14
Sun 13:42:09
皆さま、暑いですね。クーラーづけでしたが、今日は、涼しい風が吹き過ごし良い日です。

顎関節症も良くなり、やれ嬉しや!と
思う間も無くトンネルの♪闇を通って♪頸椎症♪


公園のエンジュの木にとまっているアオバヅクを、思いっ切り仰向いて見ているうちに、首が痛くなりました。
痛いと思いながら、毎日出かけたんですから・・・つける薬がありません。
うふふ。アオバヅクだと分かりますかしらん。aP6101357.jpg


こうしてパソコンを見るのは、首には悪いのですが、チョコッと出てまいりました。
お蔭さまで、顎の方はよくなりましたので、 歌は歌えるようになったんです♪


シンフォニア岩国であった佐々川広子さんの彩りコンサートでは、その美貌と歌声に酔いしれ、
吉香茶室での
表流七夕お茶会では、結構なお点前を頂戴したりして、暑いけれど、まあまあ、元気に過ごしております。


にほんブログ村 にほんブログ村 
尉鶲(ジョウビタキ)
2012 12 09
Sun 17:59:43
jyoubiP1370002.jpg

畑で、水菜を抜いていたら、
ヒッヒ♪カッカ♪とあのジョビタキが鳴きました。
暫く聞こえないから、どこかへ引っ越したのかと思っていましたが、
やっぱりうちを忘れてなかったんです!(^^)!
あわててカメラを持ち出しましたが、一枚だけしか撮れませんでした。
やっぱりピントはあまいです。

今年は顔を見せてくれませんが、
♀の尉鶲を3年前だったか撮ったものです。この♀ちゃんは、グレー色で珍しいので、一昨年から待っているのですが、未だに現われません
♂と比べると大人しい色ですが、可愛いですね。jyoubi_mesu.jpg
 

尉鶲(ジョウビタキ)ようこそここへとシャッター押す

耕すを待ちて啄ばむ尉鶲(ジョウビタキ)



ツバメの雛
2012 07 19
Thu 11:24:06
ツバメの雛が4羽。小さくて可愛い。。F1010011-1.jpg

1週間後の火曜日、こんなに大きくなっていました。でも1羽いなくなっていた。
aDSC02219.jpg
公民館の人に尋ねると、1羽落ちているのを見つけた時、巣に返したのだけど、
助からなかったと・・・。
糞が落ちると、においをかいでカラスがやってくるので、
ボランティアの人が段ボールの箱を下につけて、万全を期したそうですが皆が元気に巣立つのは難しいのですね
aDSC02222.jpg
>
何の幼鳥? ハクセキレイ?
2012 07 07
Sat 13:47:05
一昨日のことです。
夕方薄暗いところに、スズメにしては小さい鳥が・・・
よく見ると、セキレイ2羽と幼鳥3羽が家族のように遊んでいるのです。その家族?写真を撮れなかったのが残念です。
セキレイにしては、独特な頭の動きがない幼鳥ですが、セキレイの幼鳥なのでしょうか?
それともスズメの幼鳥)^o^(
はっきり写っておりませんが・・・
_______________________
徘徊さんの掲示板でお願してコメントを頂きました。
幼鳥>Σ^)/
画像の幼鳥はセキレイ……たぶんハクセキレイの幼鳥だと思います。
●参照画像:
http://bit.ly/Rxf17e

歩ける程度の幼鳥ですと、スズメはもうスズメぽさが出ています。
●参照画像:
http://janie.air-nifty.com/photos/nature/m_060607_suzume2.jpg

また、スズメですと、幼鳥の頃は歩くのはまだあまり得意ではなく、飛ぶか、うずくまるかのどっちかと思います。
もうひとつ付け加えると、鳥の種類によって、歩行は「ウォーキング」派と「ホッピング」派に分かれます。
「ウォーキング」とは、人間のように左右交互に足を出して歩くタイプです。
「ホッピング」は、両足を揃えて小さくジャンプするように前に進むタイプです。
ハクセキレイは「ウォーキング」派ですが、スズメは「ホッピング」派です。
撮影されたこの幼鳥が「ウォーキング」「ホッピング」のどっちだったか、記憶に残っていればよりハッキリすると思いますが、まず8割がた、ハクセキレイだと思います。」


徘徊さん、有難うございました。
参照画像、スズメとセキレイとはかなり違いますね。スズメも可愛いです。
「ウォーキング」「ホッピング」、そんな違いがあるとは知りませんでした。
従妹の旦那が「ありゃ。家族じゃろう!」と嬉しげに言い、従妹も私も凄く嬉しかったんです。
しばらくして、
その旦さんが「ありゃ~、あれも家族みたい!」と又嬉しげに・・・私達も・・・。

そこには、かなりの数の暗い茶色系の頭あたりに黄色のある鳥と雛鳥達がチョンチョンしてました。桜の木の下ですし夕方で暗くて、写真に撮れなかったのが残念です。

DSC02197.jpg

DSC02198.jpg
冬鳥
2009 02 20
Fri 21:22:53
畑の草取りをしていたら、
まず、ジョウビタキが近くでうるさく「ヒッヒッ、カッカッ」と鳴き、早くあっちへ行ってよ!って言ってるみたい。
sdayo-jyoubiP1240138.jpg s-jyoubiP1240145.jpg
s-jyoubiP1240144.jpg


おや、向こうの方に、動かない鳥がいる。置物みたい。でもズームで見ると、シロハラだった。
おなかがぷっくり膨らんで可愛い。
s-jyoubi2P1240159.jpg s-sirohara2P1240169.jpg
シロハラも虫をめがけてやってきた。s-siroharaP1240197.jpg


あら、ツグミちゃんじゃないの。笑える顔ね。ツグミちゃんは耕した後の虫ではなくて、お豆を食べていた。
s-tugumiP1240149.jpg s-tugumiP1240148.jpg

これは、何?きっと、ツグミちゃんだね。
s-korenaniP1250162.jpg s_P1250162.jpg



そのうちに、メジロもシジュウカラもやってきたが写真にとれなかった。
カワヒラ
2008 04 16
Wed 10:49:43
カワヒラは渡り鳥と思っていたが、地域によっては留鳥であると図鑑にでていた。
この鳥は渡っていくんだろうか?去年もこの時期に見たことがるが、最近チョコチョコ現れる。
顔がおどけたようにも、真面目なようにも見えて面白い。
写真の手前が♀で後ろが♂でいいのかな・・・
kawahiraP1180598.jpg


kawahiraP1180619.jpg kawahiraP1180629.jpg kawahira_kakurenboP1180593.jpg

菜の花の種をおいしそうにたべていた。
シロハラの旅立つ日が近付いてきた。
「こんなにウエストが大きくなっちゃったし、お腹も一杯だけど、美味しそうな虫がいるなあ。
ウエストなんか気にせずに食べちゃおうっと!」
1siroharaP1170927.jpg  2siroharaP1170923.jpg

「美味しかった~。この畑の虫は特においしいわ。
又、太っちゃった。でもいいの。渡りの時は体力がいるもん。」
3siroharaP1170925.jpg  4siroharaP1170928.jpg


私が家の中に入ると、ヒヨドリがやってきた。
ヒヨ君は野菜や虫が好き、今日はわき目も振らずに菜の花を食べていた。
ムシャムシャ。
1hiyoP1170932.jpg  2hiyoP1170933.jpg

「ああ、おいしかった~!綺麗に黄色いお化粧が出来たし大満足だわ~」
3hiyoP1170776.jpg

銭壺山に行ってきました
2008 03 22
Sat 21:38:03
銭壺山からの瀬戸内海_____________________setoutiP1170683.jpg

ふれあいパークで
zenituboP1170674.jpg sansyuuP1170676.jpg


ジィージィーの鳴き声の方に目をやると、高い木にヤマガラらしきがとまっていた。
遠いのでハッキリと撮れなかったが、ヤマガラだと分かるのが嬉しい。
yamagaraP1170668.jpg yamagaraP1170678.jpg


そのほか、ウグイス、ツグミ、シジュウカラ、ヒヨドリと毎度お馴染みの鳥達、
山の中での出会いに一味違った感動があった。

帰りに蓮田に寄った。

のどかな昼下がり、車の前をおどけた調子で歩いて行ったチュウサギ、
その先にツグミとヒバリのツガイが仲良く餌を啄ばんでいた。hibarikanaP1170713.jpg


タゲリを探すがいない。もう帰って行ったのだろうか?
ツグミ と シロハラ
2008 03 01
Sat 21:51:14
カラスが巣作りの材料を嘴に挟んで飛び立つと、karasuP1170110.jpg


毎度お馴染みのツグミがやってきた。tugumiP1170121.jpg

もう一羽きた・・・おや、シロハラでは・・
siroharaP1170137.jpg siroharaP1170134.jpg
去年、徘徊さんがアイリングのことを教えてくださった。確かにこの鳥にはアイリングがある。
しかし・・・シロハラに間違いないよね。
もう少ししたら、渡りをして寒い国に帰っていくんだね。
05月| 2017/06 | 07月
sun mon tue wed thu fri sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
にほんブログ村 シニア日記ブログへ にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村